トップページ

沖縄の食べるものはヌチグスイ(命の薬) という考え方に心打たれ、体とココロに優しい、長寿食であった本来の沖縄家庭料理を知って、食べて、元気になってもらいたいという願いからこの店を開くことになりました。

青く澄んだ海の風を受け、力強い太陽の光をたくさん浴びた、元気いっぱいの沖縄の有機野菜や薬草、採れたての海草(海ぶどう)、高級やんばる島豚あぐーを使った、ヘルシーでちょっと珍しい沖縄料理を楽しんで頂きたらと思います!



10月19日木曜日 「沖縄ぶくぶくー茶会」 まめ書房さんにて


『沖縄ぶくぶくー茶会』を、「まめ書房」さんにて開催致します!


ぶくぶくー茶とは、戦前に那覇の上流家庭で始まった「泡を楽しむお茶」。
結婚式やお誕生日、いろいろなお祝いの席で飲まれた、ハレの日のおめでたいお茶です。
戦後は伝統が途絶え「幻のお茶」となっていましたが、沖縄の料理研究家・新島正子さんらが保存会を立ち上げ、研究の末に復興しました。
今回は、阪急神戸線の岡本駅近くにある、沖縄本を専門に扱う【まめ書房】さんでぶくぶくー茶会を開かせていただくことになりました!


お茶菓子は、沖縄美ら恋紅芋のタルトや手作りちんすこうをご用意致します。
難しい作法はありませんので、気軽に楽しく味わっていただけます。


10/19(木)

①10:30〜

②14:30〜

各回約1時間ほどで、参加費:¥2,000

まめ書房にて
(兵庫県‎ 神戸市東灘区岡本 1-12-26 マンション藤105)
ご予約はmameshobo@icloud.comまで、メールにてお名前とお電話・ご希望回を書いてお申し込みください。