トップページ

沖縄の食べるものはヌチグスイ(命の薬) という考え方に心打たれ、体とココロに優しい、長寿食であった本来の沖縄家庭料理を知って、食べて、元気になってもらいたいという願いからこの店を開くことになりました。

青く澄んだ海の風を受け、力強い太陽の光をたくさん浴びた、元気いっぱいの沖縄の有機野菜や薬草、採れたての海草(海ぶどう)、高級やんばる島豚あぐーを使った、ヘルシーでちょっと珍しい沖縄料理を楽しんで頂きたらと思います!


11月26日(日)12:00〜16:00
『天地人/自然を結ぶ実りの演奏会』

オーストラリア先住民の伝統楽器ディジュリドゥの演奏と【沖縄クバの葉のお皿で食べる沖縄ベジランチ】


日時…11月26日(日曜日)
   12:00〜ランチタイム
   13:00〜演奏会
参加費…5000円(ランチ代を含む)
人数…先着10名

☆稲垣遼さん☆
~オーストラリア先住民アボリジニの伝統楽器ディジュリドゥの奏者~
ユーカリの木と今回初お目見えになる、沖縄の竜舌蘭から作られたこの楽器の不思議な音色は、地球の中心から振動して、今この瞬間、宇宙に浮かぶ惑星達に繋がっていくようです。
細胞にまで深く届く響きは、まさにマブイグスイ(魂の薬)です!

☆小川京子さん☆
~宮古島在住のクバアーティスト
沖縄でクバは、神の依り代の植物として御嶽に植えられ、祭事や民具としても昔から大切に使われてきました。
そのクバの葉を使った、様々なアート作品を作ってこられた、クバの研究家でもある小川さんのクバ皿とクバリース飾り。
そのクバの葉一枚一枚と対話しながら作り出される作品に、一つとして同じものはありません。

11月28日(火)からは、その小川京子さんの                 【神宿る〜クバの葉リース展】も始まります‼︎


期間…11月28日(火)~12月26日(火)
   月曜休み(12/3(日)はお休みで4日(月)開店)
時間…11:00~16:30まで ~完全予約制~
   ご来店には、ご予約のお電話をお願い致します。

☆11月28~12月5日までの限定ランチ☆
 ~クバの葉皿で食べる沖縄ベジランチ~ 《1日先着10名様》2000円

 【12月6日以降は、通常の沖縄ランチコースになります】

沖縄でクバは、クバ笠、クバ団扇、クバの葉杓子など、たくさんの生活民具として作られていました。また食べることも出来、祭祀にも使われ、神の依り代として、御嶽と呼ばれる祈りの聖地には、クバが植わっています。

【琉球国由来記】には、沖縄の久高島に流れついた五穀の中に、クバの実が入っていたとも言われているようです。

そのクバの葉一枚から、丹精込めて作りあげられたクバの葉リース、そして、クバの葉皿を、森南海子の集めた布(色絣など)と一緒に展示致します!

数に限りはございますが、クバの葉リースやクバ皿の販売もございます!

こちらではめったに見ることのできないクバの葉リースやお皿をこの機会に、 ぜひ、ご覧くださいませ~